読書の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ファスト&スロー―あなたの意思はどのように決まるか?」ダニエル・カーネマン

<<   作成日時 : 2013/09/29 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

生物としての特性をもつヒトと、社会的な存在である人間との間の齟齬は、科学的な研究の対象として極めて興味深いテーマであるとともに、これからの社会をどう良くしていくかを考える上での大きなヒントとなるテーマである。本書はそうしたことを考える上での入門となる名著といえるだろう。

内容は一般向けにかみくだいた説明となっており、門外漢が読んでも全く不自由に思うところはなかった。著者は井戸端会議や噂話といった日常において本書で紹介されている知見が話題にのぼることを想定して、章末に簡単な実例を載せているが、確かに本書で紹介された知見が広く一般の人々の教養となれば、世の中は今よりはいくらか良くなることは間違いないだろう。大学の教養ではこうした内容の授業こそが望ましいと思われるが、果たしてどの程度浸透しているのだろうか。また、著者がノーベル経済学賞を受賞していることからも分かるように、著者の業績は経済学の根本的な姿勢にも影響を与えている。「エコン」の経済学はどうしても胡散臭い印象が残るが、「ヒューマン」の要素が加味されることで経済学はより実際的な学問になるように感じられる。

適切な判断をする上で障害となる人間の特性とどう付き合うかということがこれからの課題であるが、著者の見通しはあまり明るいものではない。しかしながら、後半では、「ナッジ」と呼ばれるような、制度的な方向付けを好ましい方向で活用することの有用性が指摘される。プライムやアンカーといった概念は、資本主義社会では愚かな大衆を騙すためのツールとして認識されているが、一方で使い方を変えれば社会を良くするように作用する制度設計もできるという考え方である。

以下、非常に示唆に富むと感じた点を紹介する。
・お金という観念は個人主義のプライムになる(キャスリーン・ヴォースの研究)。(評者コメント)資本主義の進展は、個人のレベルにおいても、自立性を促すが、一方で利己心を強める作用を持っている可能性がある。
・システム1(ファストの方)は確率についてよく知りもしないのに、問いを別の何かに置き換えることを通じて、答えたような錯覚に陥らせる。
・著者があげた「自分の好きな公式」は、「成功=才能+幸運、大成功=少しだけ多くの才能+たくさんの幸運」というものである。(評者コメント)これは平均回帰を述べた章の記述であるが、人間社会においてこの公式が表す事実はもっと深く認識されるべきである。
・「リーダーのいない集団の課題」というテスト(初対面で階級が相互に分からない兵士の集団が困難な課題に共同して取り組み、それを評価者が観察する)は、集団内でのリーダーシップや参加者の性格を知る上で優れた評価方法というイメージを評価者に印象づけるが、その結果は当てずっぽうよりも少しはましという程度でしかない。しかしそのようなネガティブなフィードバックがあっても、評価者の評価に対する強い確信は揺るがない。
・人事評価では上記のような凝ったテストより、むしろ5-6項目のチェックシートで複数の人間が採点した方が適切な結果が得られる。
・直感的な判断が妥当性を持つ条件は、1)十分に予見可能な規則性を備えた環境であること、2)長期間にわたる訓練を通じてそうした規則性を学ぶ機会があること、の二点である。特にファンドマネージャーの周辺で認識されているように、そもそも1)ではない課題を1)であるという誤解をしている場合もある。
・自分の無知を率直に認める専門家は、おそらく自信たっぷりな専門家に取って代わられるだろう。なぜなら後者のほうが、顧客の信用を勝ち取れるからである。(評者コメント)自信たっぷりの専門家を胡散臭く感じるという印象は、自分に近いフィールドほどはっきりしたものになるが、このことがいろいろな領域で成立していることにはなかなか気づかない。
・判断の裏付けとなる情報の質や量がどうであれ、自分でこしらえ上げたストーリーが首尾一貫していさえすれば、主観的な自信が形成される。
・ヨーロッパで顕在しているように、リスクに対する予防の原則の代償は大きい。しかし、強い損失回避的な倫理的直観と効率的なリスクマネジメントを並立させることは難しい。
・フレーミングを、本来の選好を隠したり歪めたりする干渉と捉えるべきではない。私たちの選好とは、要するに問題のフレームの好き嫌いである。
・行動経済学では自由はコストを伴うと考えるが、シカゴ学派は合理的経済主体は選択ミスを犯さないと考えるため、自由はただである。(評者コメント)人間が合理性において選択ミスを犯さないという仮定が誤っていることは今や自明であり、そうした前提で構築された理論が今なお有力?であることには違和感を覚える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「予想通りに不合理」ダン・アリエリー
本書は、行動経済学分野において活発に発信しているダン・アリエリーのおそらく最も有名な著作である。原タイトルはThe Hidden Forces That Shape Our Decisionsであり、古典的な経済学が想定していた「合理的な人間」を否定するだけではなく、人間の判断の不合理さの背後に存在するメカニズムについても議論されている。カーネマンの「ファスト&スロー」とあわせて読むと興味深いが、こちらはユニークな実験内容の紹介を通じて、より実生活にヒントを与えるような書き方になっていると... ...続きを見る
読書の記録
2014/05/19 09:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ファスト&スロー―あなたの意思はどのように決まるか?」ダニエル・カーネマン 読書の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる