読書の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「お金は銀行に預けるな-金融リテラシーの基本と実践」勝間和代

<<   作成日時 : 2007/12/30 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005年にウォールストリートジャーナルから「世界の最も注目すべき女性50人」に選ばれた著者は、19歳で会計士補の資格を取得し、マッキンゼー、JPモルガンという、金融畑を歩むという経歴の持ち主である。明晰な文章は歯切れが良く、説得力がある。正確さと巧みな表現で、著者自身の本書で意図する狙いはほぼ成功しているのではないだろうか。

専門家ではないので、金融の話題に関して特に触れることはない。一方で、アングロサクソン的な資本主義の思想が徹底しているために、まだまだ日本人には違和感の感じられる箇所が多いだろう。大げさに言えば、格差拡大が叫ばれているご時世に乗ることで、日本人のものの考え方に修正を加えようとしている。一見したところ、金融の解説書であり、財産形成のアドバイスのようにも見えるが、内実はそのような単純なものではない。所々にあふれてくる著者の思想は興味深い。ベストセラーになっているので、かなりの人間が影響を受けていることだろう。

まず、金融の価値は、仕事に割かれる時間を軽減し、余暇をつくることにあるという主張が行われる。また、資産を持つことで余裕をもった転職活動が行えるという指摘もある。もちろん、病気のような不意の出費により家計が崩壊することに対しても有効である。著者の巧みなところは、こうした資産形成の効用が誰に対してのものかをぼかしているところである。上記のメリットは生活に精一杯の層には無関係であり、多少の余裕のある中産的な階層であっても、著者が目安とする十分な資産形成を行うことは難しい。所々に試算結果が記述されているが、落ち着いて計算すれば、著者の勧める2年間の生活費を蓄えるためには30年近くかかってしまうケースもあることに気づく。60歳になって、ゆとりのある転職を考えられるだけの貯蓄といわれても意味がないかもしれない。個人的な感覚としては、著者の指摘を受けて資産形成に努力すべき階層は既に始めているような気がする。残りは資本主義の敗者を養成するための努力ではないかと感じる。

余暇の効用は難しいところであるが、的外れを承知で言及すると、日本人に特徴的な、労働を修練と見なし、価値を認め、向上心を抱いて仕事をすることを美徳とするという特性については、著者はどう考えているのだろうか。労働は苦役でしかないという考え方は欧米にしばしば見られるものであるが、必ずしも真理ではないだろう。私は、著者をはじめとする資本主義の成功者は何故猛烈に働いているのかという疑問を感じる。本書にも見られる著者の熱意はどこからわいてくるのか。貯金とは日々利殖の機会を失うことであるという強い調子で、一般の大衆に投資を促す熱意はどこからくるのだろう。本書からはその理由をうかがうことはできなかった。仕事の面白さや生き甲斐を考えるのであれば、金融ではなく、何を職業とするかという問題や、あるいは自らのポテンシャルを高める努力をすべきであろう。

もう一点気になる表現は、資本主義とは賢い人間が得をする制度であるという部分である。何が賢さかの定義は難しいが、貯金しかしない人間は愚かで、金融の知識をもって資産形成する人間が賢明という見立ては成り立つ。ところが、著者が指摘しているとおり、うまい話はそうそう転がっていないわけで、みんなが賢くなれば素晴らしい金融商品は素晴らしくなくなってしまう。実際には、必ず愚かな人間や国家が存在するので問題はないのだろうが、著者が読者層を愚かものと捉えていることはこの段からは透けて見えるところであり、少しは賢くなったらというアドバイスを授けているように見える。大きな話になるが、社会は愚か者を含めてうまく運営できる仕組みを作らないと長期的にはうまくいかない。日本の大企業ではどうしようもない愚か者をどう処遇するかについて素晴らしい蓄積を持っていたにもかかわらず、近年そうしたものを全て捨てようとしている。長くなるので書かないが、愚か者は死んでも良いとか、そこまで行かなくても、愚か者は惨めな状況でも仕方がないという考え方は誤りである。どう誤りであるかはアメリカ社会をよく見てみれば明瞭ではないだろうか。

ハウツー本のような顔をしているが、相当周到に書かれた内容であり、わかりやすいが、狙いは実に恐ろしいように思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
医療事務の資格試験
医療関係の資格って、とても大事ですよね。 ...続きを見る
資格工房(発見!ネットで資格の便利情報♪...
2007/12/31 01:06
公務員が転職をしようと思って転職活動をする時は、専門家...
人?:公務員が転職をしようと思って転職活動をする時は、専門家...公務員が転職をしようと思って転職活動をする時は、専門家に頼んで自分のキャリアを生かせる職に就くことも多いようです。転職に役立つ専門家というのは、転職コンサルタントやキャリアカウンセラー、パーソナルコーチなどがいます。 転職を希望する人でも、どこの会社でも良いと考えている訳ではないようです。転職者に人気がある企業のランキングというのも存在していますが、男性、女性共に「ソニー」が常にランキング上位に出てくる企業... ...続きを見る
転職インフォメーション24時,「お金は銀...
2008/01/03 08:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「お金は銀行に預けるな-金融リテラシーの基本と実践」勝間和代 読書の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる